女性

理想的に痩せられる脂肪吸引!注射するだけ簡単ダイエット

脂肪をなくすために

カウンセリング

準備すべきものとは

脂肪吸引を受けることが決まり、手術を受ける日や手術前になるとドキドキするのも無理はないでしょう。当日手術を終えた後はどのように経過をチェックしていけばいいのかや、どんなものを用意すればいいのかなど、理解していないことがたくさん出てくることでしょう。脂肪吸引に関しては、吸いとっていく範囲により難易度が変わってきます。例を挙げると、太ももすべての脂肪吸引と顔だけの脂肪吸引を比べてみると、施術を行う範囲が明らかに異なることからも、体にかかってくる負担に差が出てきます。顔の脂肪吸引を行った後は顔にフェイスバンドを巻くなど、外見はやや怪しさが漂うかもしれません。手術した後可能な限り顔を見せないよう、前もってマスクや帽子、ストールなどを用意しておいた方がよいでしょう。二の腕の脂肪吸引に関しては、施術した部分に痛みが生じますが、手術前までに用意すべきものはこれといってありません。仮に、もしクリニックから何か言われたものがある場合はきちんと用意しておいてください。そして手術の日ですが、二の腕に力が加わっている状態で自宅に帰ることになります。その際、7分袖程度の圧迫になるため、ゆとりのある長袖の服で汚れが気にならないものを身につけ、クリニックへ向かいましょう。なお、手術してからまもなくは元気に満ちていたとしても、注射による麻酔の効果が薄れてくると若干痛みが生じてきたり、麻酔注射を打ったことにより頭がくらくらすることがあります。よって、当日に関してはゆっくりと自宅で休むことが大事です。また、腹部や太ももの脂肪吸引ですが、当日からある程度の期間はきついおもいをするかもしれません。痛みも起こり、そして体力もなくなりしんどくなってくることでしょう。ですので、2日分の水・食料は前もって準備しておくことが大事です。あとは、手術した後に自宅へ帰る際も注射による麻酔が抜けきっていないため、ややぼんやりするかもしれません。このことからも、注射による麻酔が落ち着くまでゆっくりと自宅で休み、手術を受ける日は何もスケジュールを入れないようにしましょう。